羽田空港の併設駐車場の特徴

羽田空港の併設駐車場の特徴

羽田空港の併設駐車場の特徴 羽田空港の駐車場には大きく、空港に併設されていて、ターミナルビルの運営会社と空港関係の一般財団法人が運営しているものと、空港の周辺で民間の業者が運営しているものの2種類があります。
これらを比較した時、利便性については羽田空港に併設されている駐車場の方が優れているといえるでしょう。
併設駐車場は立体構造となっており、ターミナルビルへの連絡通路があるため、空港の建物まで徒歩で移動するときに雨や雪で服が濡れてしまうことはありません。
また、民間の業者が運営しているところに駐車する場合、繁忙期になると通常より高い駐車料金を請求されることがありますが、ターミナルビル運営会社や一般財団法人が管理しているところを利用する場合は、シーズンに関係なく駐車時間に応じて料金が決まります。
ただし、利便性に優れているがゆえに、年末年始や大型連休、夏休みの時期は非常に混雑し、早朝に向かっても数千台分の駐車スペースがすべて埋まってしまっていることも珍しくありません。
運営会社ではインターネット上から駐車を予約できるサービスを設けているので、確実に駐車したいのであれば事前に予約してから羽田空港へ向かうようにしましょう。

羽田空港の民間駐車場の特徴

羽田空港の民間駐車場の特徴 羽田空港の周辺には、民間業者が運営する駐車場がたくさんあります。
空港直結の駐車場と比較すると、駐車可能な車の台数が少なく、利便性の面でも劣りますが、大型連休や夏休み期間中など、羽田空港の利用者が多くなりやすくターミナルビル直結の駐車場を利用しにくくなる時期でも駐車することができる可能性があります。
民間業者が運営するパーキングの中には、徒歩で移動しづらい場所で営業している所がありますが、このような所では必ず送迎バスを運行しており、乗車すればターミナルビルの入口まで移動することができます。
料金については、空港に併設されているパーキングより安くなることが多く、利用するパーキングによっては割引制度が充実しています。
民間のパーキングを利用する際には、施設によっては営業時間が存在することに注意が必要です。
近年は、24時間営業を行うパーキングが増えてきましたが、営業時間中に行かないと入庫および出庫をすることができないパーキングが結構あるので、ホームページなどで営業時間は必ず確認しておきましょう。

新着情報

◎2017/11/28

駐車場は全部でいくつある?
の情報を更新しました。

◎2017/9/25

予約する時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

併設駐車場の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/16

羽田空港の駐車場は24時間営業
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

おすすめ裏技と満車の時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/1/26

民間駐車場の送迎と設備
の情報を更新しました。

「羽田 特徴」
に関連するツイート
Twitter

羽田空港の「吉野家」には日本で二店舗でしか食べられない『牛重』がある。 もう一店舗は国会議事堂の中の店舗なので、一般人が食べられる店舗は実質的にここだけしかない。 『牛重』は普通の吉野家の牛丼とは違い、和牛を使用し濃厚なタレなのが特徴。あと値段が1240円する。 pic.twitter.com/W5uiai4Y6d

Twitterかずは@グルメスター@apincammy

返信 リツイート 昨日 20:28

RT @TM_chiyoda16000: 羽田空港交通 足立200か3910 (元:小田急バス 02-C6017→402) 生田研修所の400番台としては初の除籍車となった402号車。真っ白な車体が特徴で、内装等は小田急時代とほとんど変わっていません。主に臨海副都心エリア周辺の…

羽田京急バス】 羽田京急バスでは、2008年に羽田空港(東京国際空港)のターミナル間無料連絡バス用にエコハイブリッドが導入された。行先表示機にフルカラーLEDが採用されている他、非常に高速度で運行し特徴的であったが2015年に全廃された。

Twitterふそうのシリーズ式ハイブリッドバスbot@HEV_EcoHybrid

返信 リツイート 昨日 6:45

羽田京急バス】 羽田京急バスでは、2008年に羽田空港(東京国際空港)のターミナル間無料連絡バス用にエコハイブリッドが導入された。行先表示機にフルカラーLEDが採用されている他、非常に高速度で運行し特徴的であったが2015年に全廃された。

Twitterふそうのシリーズ式ハイブリッドバスbot@HEV_EcoHybrid

返信 リツイート 11/16(土) 18:15

羽田空港の「吉野家」には日本で二店舗でしか食べられない『牛重』がある。 もう一店舗は国会議事堂の中の店舗なので、一般人が食べられる店舗は実質的にここだけしかない。 『牛重』は普通の吉野家の牛丼とは違い、和牛を使用し濃厚なタレなのが特徴。あと値段が1240円する。 pic.twitter.com/QYCzAOS1P9

Twitterみつこ@グルメスター@uistchila

返信 リツイート 11/16(土) 13:56

羽田京急バス】 羽田京急バスでは、2008年に羽田空港(東京国際空港)のターミナル間無料連絡バス用にエコハイブリッドが導入された。行先表示機にフルカラーLEDが採用されている他、非常に高速度で運行し特徴的であったが2015年に全廃された。

Twitterふそうのシリーズ式ハイブリッドバスbot@HEV_EcoHybrid

返信 リツイート 11/16(土) 5:45

羽田空港の「吉野家」には日本で二店舗でしか食べられない『牛重』がある。 もう一店舗は国会議事堂の中の店舗なので、一般人が食べられる店舗は実質的にここだけしかない。 『牛重』は普通の吉野家の牛丼とは違い、和牛を使用し濃厚なタレなのが特徴。あと値段が1240円する。 pic.twitter.com/r0NtOcMjy3

Twitterまいこ@グルメスター@ricjklgongora

返信 リツイート 11/16(土) 0:22

羽田京急バス】 羽田京急バスでは、2008年に羽田空港(東京国際空港)のターミナル間無料連絡バス用にエコハイブリッドが導入された。行先表示機にフルカラーLEDが採用されている他、非常に高速度で運行し特徴的であったが2015年に全廃された。

Twitterふそうのシリーズ式ハイブリッドバスbot@HEV_EcoHybrid

返信 リツイート 11/15(金) 15:15

羽田空港の「吉野家」には日本で二店舗でしか食べられない『牛重』がある。 もう一店舗は国会議事堂の中の店舗なので、一般人が食べられる店舗は実質的にここだけしかない。 『牛重』は普通の吉野家の牛丼とは違い、和牛を使用し濃厚なタレなのが特徴。あと値段が1240円する。 pic.twitter.com/Ip7wMiE6ql

Twitterのぶお@グルメスター@renejkcrowder

返信 リツイート 11/15(金) 11:36

返信先:@kzy_nh B787-9は普通席が多い特徴を生かし、将来的には羽田〜新千歳、那覇といった修学旅行需要の多い路線に入るのではないかと予想しています。